ホーム > Aguaブログ > タラント物語          ひいちゃん♪

タラント物語          ひいちゃん♪

前はいつ更新したっけ?ってくらい久しぶりのブログ更新(笑)

今回は、今習ってる「タラント」について書いてみようと思うー

タラントのメロディが好きで数年前から「踊ってみたい!!」という気持ちが強くなってきて、
ようやく今年の夏から個人レッスンスタート!
はい、もちろん超絶難しいのは承知の上です
炭鉱夫の歌がもととなり、苦しみや悲しみ、心の叫び、土くささ漂う曲であるが、踊りとしては、
女性の美しさとしなやかさそして切なさの中にも芯の強さを美しいギターのメロディと深く切ない
カンテの中、踊りで表現する。

タラントは、独特な歌ぶりとコンテスタシオンの部分が魅力

ギターとカンテに耳を傾けていないと歌の長さもニュアンスも呼吸もつかめない。
振りではなく、感じ取れるものが必要かと。
それを感じ取れるのにかなり時間はかかると思う。
まだ始まったばかりだけど自分の「タラント」を何年かかるかわからないけど大切に作り上げて
いきたいと思う。

他の曲も同じことだけどね♪^^

 

ひいちゃん♪